薬膳コーディネーターの資格

###Site Name###

薬膳とは、中国から発祥した中医学の理論に基づき食材、中薬を組み合わせていく料理のことを言います。

色や風味、効果などもすべて見ていくといったものです。体が悪くなったとき、西洋医学が患部を見て投薬、治療するのに対し、薬膳は病気ではないけれどなんだか体調が悪いといった場合に、体全体のバランスをみて予防改善させていくものです。



明らかな症状はないけれど、体調が悪いといったことを未病といいます。

この未病は、現代人にはとても多い症状となっています。

それを、いわば体内のバランスを漢方を使って内側から整えていくといったものです。

現在中医学や薬膳は見直されている傾向にあり、薬膳コーディネーターや薬膳アドバイザー、薬膳マイスターなどの民間資格もできているほどです。薬膳コーディネーターと薬膳アドバイザー、薬膳マイスターには、通信講座や資格認定団体の違いがありますが、初歩の知識は同じとなります。


薬膳コーディネーターは、ユーキャンで四カ月程度在宅で学び、試験に合格すれば資格を取得することができます。



栄養士さんなども勉強されている方がいらっしゃいますが、主婦のかたにも人気で、お子様や旦那様に役立てているといったかたも多いです。

最新の産経デジタルのことならこちらのサイトをご覧ください。

薬膳と聞くと難しそうなイメージがありますが、資格を取ることも簡単ですし、実用性も高く日々の食生活に役立てることもできます。


これまでの食事作りとは違った観点から見ることができるので、健康を考えている人にはお勧めの資格となります。


PAGE TOP